fc2ブログ

四十九

7月13日(土)

昨日夕方に先月亡くなったおばあちゃんの法要の一つがあり、本日四十九日の法要となりました。
お経
集まった親戚で、和尚さんと一緒にお経を上げていきます。
ここの所毎週お経を聞いているので、だいぶ節を覚えてきましたよ。

お経をあげた後は、お餅を切って分けるということをします。
おもち
大きなお餅を人型に見立てて切り分け、それぞれ各自が病などを抱える部分を持ち帰って食べて供養するというものなんだそうです。

それからお寺に行ってお経をあげて、お墓前で納骨のお経をあげて法要は終わりです。
ほおずき

皆で隣街までご飯を食べに行きます。
ご飯
行先は多仁本さんです。

いろいろおいしかったのですが、たらこ(かな?)が入ったお豆腐がとてもおいしかったです。
お店で作ってらっしゃるんだそうです。
そして、びっくりしたのはこちら。
ご飯
温泉卵入りのおそうめんでした。
私はいつも生卵を入れちゃうのですが、温泉卵いいですね!おいしい。

おうちに帰ったら、となりのおばちゃんに赤紫蘇をたくさんいただきました!
赤紫蘇漬けを作って梅干しを紫蘇漬けにしたいと思います。
赤紫蘇

洗った後に水気を切らなくてはいけないのですが、そういやサラダの水切りボールがあったな、と使ってみました。
水切り
これ大正解です!

塩を振って、揉んでいきます。
新鮮
最初はぱりぱりしててやりにくいのですが。

数分揉むと、汁が絞れるくらいになってきます。
アク
この汁がアクなんですね。
塩もみを2回してアク抜きを終了しました。

そして、梅酢を投入!!
梅酢

梅酢で揉むと、きれいな赤になります。
梅酢で赤く
これをびんに入れてしかるべきときまで保存します。
ところで、キレイな澄んだ梅酢が今年は取れていなくて、古い梅酢をつかってみました。
今年漬けた梅干しから出たちょっと濁った梅酢で漬けたものも作ってみました。
たぶん大丈夫だと思うんだけどなー。
実験です。

と、漬け終った時に隣のおばちゃんから電話があって、「シソをもんだ後水洗いした方がえぇで」と教えていただいたので、明日またちょっと赤紫蘇をいただいて、比較実験してみようと思います。
紫蘇をもんでいたら相方が
「ばっちゃ(おばーちゃん)と同じにおいがする」
と言うておりました。
おばあちゃんも梅干しを漬けるときに赤紫蘇をもんでいたようです。

今日もクリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ビジネスブログランキング